HOME >> 研究開発・品質保証体制

研究開発・品質管理体制

品質管理体制開発段階における原材料の選定から製造、出荷までICH Q10に基づく品質システムにより運用されており、PIC/S GMPなどグローバル化において要求される製造管理・品質管理体制を実現しています。高活性医薬品の品質評価を行うため、品質管理部門に専用の秤量・調製ブース(安全キャビネット)を設置しています。

培養器無菌試験用クリーンベンチ培養器
※画像をクリックすると拡大します。
研究開発体制

委受託製造のニーズに的確・迅速に対応できるよう、少量試作から製造移管業務に対応しています。 技術棟には、クラス100〜100,000の管理が可能な注射剤・液剤の試製室、スプレードライ製品・固形剤の試製室及び化粧品・健康食品等の試製室を備えています。 これら試製機能に加えて、各種製剤を評価する分析設備を有することで、処方検討・試製から分析・評価までを集約・一元化して行える体制をとっています。

クリーンルームクリーンベンチ卓上スプレードライヤー
※画像をクリックすると拡大します。
お問合せ