HOME >> ナガセ医薬品の受託事業について

ナガセ医薬品の受託事業について 技術を結集し、品質・コスト・スピードを追及します。

ナガセ医薬品は、抗がん剤などの高活性医薬品を含む無菌製剤製造技術、スプレードライ製法技術を中心とした受託事業を事業の柱に据え、すでに国内大手及び外資系医薬品企業の委託を受け、高い信頼をいただいております。
処方検討・製剤設計から申請、バリデーション、実生産まで、製造部門・品質保証部門・研究開発部門が連携して受託製造の多様なニーズに的確に対応します。 開発段階および治験段階における試作、小ロット生産にも対応可能でPIC/S GMPに対応した体制整備を図っています。

1. 高活性医薬品の受託

2. 注射剤の受託

3. 液剤の受託

4. スプレードライ製法加工の受託

5. 化粧品・健康食品等の受託

6. 研究開発の受託

注射剤製造設備

1.高活性医薬品

  • ・暴露管理レベル(OEL)0.1μg/m3に対応した高い封じ込め技術による製造
  • ・シングルユースシステムによる交叉汚染防止
  • ・PIC/S GMPに対応した無菌操作による注射剤の製造・品質管理
  • ・ガラスバイアル及び樹脂バイアルへの無菌充填
  • ・リポソーム製剤の開発・治験薬製造・実製造
  • ・バイアル破瓶防止のためのシュリンクラベル包装
  • 2.一般活性医薬品

  • ・無菌操作及び最終滅菌による注射剤の製造・品質管理
  • ・ガラスバイアル及びガラスアンプルの開発・製造・受託
  • ・菌制御された液剤・ゼリー剤の開発・製造・受託
  • 3.スプレードライ製法技術

  • ・GMP対応の専用棟内に試作用1基、実生産用2基 保有
  • ・ラボ用1基を保有し、研究開発段階から実生産まで対応
  • 4.化粧品・健康食品等

  • ・医薬品製造技術を応用した医療機器・医薬部外品・化粧品・健康食品の開発・製造・受託
お問合せ