受託事業 一般活性医薬品

注射剤・液剤の生産に特化した製剤棟

1997年6月に竣工した製剤棟では、一般活性医薬品を対象とした注射剤・液剤の生産に特化しています。また、2018年5月には医療機器製造業を登録し、注射剤・液剤を対象とした医療機器の受託製造も対応可能となりました。

バイアル及びアンプルの一貫製造ライン

注射剤では、バイアル及びアンプルの一貫製造ラインを有しており、生産能力向上と合理化を実現しています。

無菌試験に適合するゼリー剤

液剤では、ボトル液剤(内用・外用液剤)の製造ラインを有し、シロップ剤等の粘度の高い液剤や防腐力の弱い処方の液剤の製造も可能です。また、ゼリー剤の充填・包装一貫製造ラインも備えており、無菌試験に適合するゼリー剤の製造が可能です。