会社案内 NAGASEグループについて

NAGASEグループは、1832年京都で創業した化学系専門商社の長瀬産業株式会社を中核とした企業グループです。1900年のスイス・バーゼル化学工業(現、BASF社)の合成染料輸入を皮切りに、数々のグローバル企業の代理店としてネットワークを築くと共に早くから製造・加工、研究開発機能を自社で保有し、商社の枠を超えた事業の創造で、このネットワークの価値をさらに高めています。

ナガセ医薬品は、グループ企業の一員としてこのネットワークを活用し、高品質な原材料の安定的調達、自社製品の販売、高活性注射剤やDDS製剤等の開発・製造受託をグローバルに展開しています。ナガセ医薬品はこれからも技術力を活かした自社製品の開発とともに、受託製造のパートナーとして、安心・安全な製品化の実現に貢献していきます。

NAGASEグループ6つの機能と強み NAGASEグループ拠点

長瀬産業株式会社概要

商号
長瀬産業株式会社 NAGASE & CO.,LTD.
創業
天保3年(1832)6月18日
設立
大正6年(1917)12月9日
資本金
96億9,971万4,135円
従業員
851名(連結 約 6,143 名)
主な事業内容
医薬品、合成樹脂、電子材料、化粧品、健康食品等の輸出、輸入および国内販売
株式
東京証券取引所市場第一部上場

2019年3月31日現在

長瀬産業株式会社について、くわしくはこちら